要チェック!家計の見直し術

住宅ローンがある方

【おすすめ!】住宅ローンを見直してみませんか?
家計の見直しのなかで、住宅ローンの見直しは是非とも確認しておきたいものです。住宅ローンを既に抱えている方であれば、借り換えをすることで、年間数万から数十万の効果が得られることもございます。また、全期間固定金利にすると返済額が確定し、これから安心して生活することができます。また、自己資金がなくとも住宅ローンを借換することもできます。

「キャッシュフロー表」で家計をチェック!

家計の見直しをする際に一番はじめにしておきたいことは、「現在のキャッシュフロー」を確認したあと、「将来のキャッシュフロー」を予測し、「人生のキャッシュフロー表」を作成していくことです。
「キャッシュフロー表」は家計の見直しの他にも住宅ローンの返済可能額を算定する際などに役立ちます。
私どもでは、「キャッシュフロー表」を一緒に作成し、安心して生活できる家づくりを積極的に応援いたします。

「キャッシュフロー表」作成のメリット


  • 「現状のキャッシュフロー」の確認

  • 人生のキャッシュフロー表を作成

  • 老後のお金の問題を解決

  • 安心して住宅を購入できる

  • 「家計の見直し」に役立つ

家計の見直しには「住宅ローンの借り換え」が効果的

人生で最も高価な買い物は住宅ローンです。その住宅ローンの金利や商品は日々変化しています。高い金利の住宅ローンの商品を低い金利の住宅ローン金利に借換することは思っているよりも簡単にできます。

【フラット35】で住宅ローンを借りかえる

フラット35は全期間固定金利の住宅ローン商品です。将来設計を考えるときに、住宅ローンの金利が高くなるリスクを考えなくていいメリットがございます。また、条件が整えば、諸費用無しで借り換えできることもありますので是非ご検討ください。
詳しくはこちら

その借入れ、住宅ローンに「おまとめ」できます

住宅ローンの新規や借り換えの際に、今あるマイカーローンや教育ローンなどを住宅ローンに「おまとめ」することができる商品もございます。この「おまとめ」をすることで複数あったローンが住宅ローンに一本化できるとともに、毎月のローン全体の返済額も大幅に減額できることも可能となります。

「おまとめ」のメリット


  • 複数あったローンを
    住宅ローンに一本化できる。

  • 高い金利のローンであれば、
    金利の低い住宅ローンにまとめることができる。

  • 毎月のローン返済額が軽減できるなど、
    家計の負担を減らすことができる。

  • 住宅ローンの返済負担率を
    低く抑えることができる。

  • 住宅ローンの借入額を
    増やすことができる。

保険を見直してみる

保険は定期的に見なおしてみることをお勧めします。ライフスタイルが変わると、必要な保障額も変わってくるからです。「住宅購入」「就職」「結婚」「出産」「退職」「収入の増減」があった際は保険を見直してみましょう。

住宅購入時は家計の見直しのチャンス

住宅を購入することで、いままでの家計の中身とこれからの家計の中身が大きく変わります。アパートなどの家賃から住宅ローン返済への移行や団体信用生命保険の加入、及び公共料金の金額の変化などは家計を見直す絶好の機会です。

住宅購入の際に家計を見直す理由

  • アパート等の家賃 → 住宅ローン返済
  • 電気・ガス・水道など公共料金の変化
  • 団体信用生命保険加入による死亡保障額の見直し